2009年09月20日

C++Builderのランタイム

C++Builder 2009にはランタイムというものは存在しないのだろうか?

検索すると

C++Builder 6のランタイムがベクターのページからダウンロードできます


Borland C++Builder6 ランタイムパッケージ

暁紫電さんが作ったそうです



自動解凍ソフトでsystem32のフォルダに

rtl60.bpl
vcl60.bpl
vcljpg60.bpl
vclshlctrls60.bpl
vclsmp60.bpl
vclx60.bpl

bcbmm.dll
borlandmm.dll
cc3260.dll
cc3260mt.dll
delphimm.dll

を解凍するだけのようですが…


ちょっと考えてみると

C++ Builder 2009がインストールされているパソコンを確認してみると

system32のフォルダの中には

同様のものが見られました


rtl120.bpl
vcl120.bpl
vclimg120.bpl
vclshlctrls120.bpl
vclsmp120.bpl
vclx120.bpl

bcbmm.dll
borlandmm.dll
cc3290.dll
cc3290mt.dll
delphimm.dll

などバージョンがおそらく上がっているからの差だろうというものが存在しました


これをあらかじめランタイムとして

system32の中に入れてもらえば

もしかしたら

他の人に共有できる実行ファイルの作り方で記載した方法を使わずに

さらに小さなファイルでできるのかもしれません


コンポーネントの関係でもう少し加える必要があるかもしれませんが、いずれにせよある程度のものは作れそうです



ただ…相手のパソコンにランタイムを入れるようであれば

別にC++Builderを使わずに

Visual C++などを使った方が良いのでしょうが。。

posted by ヨン at 23:11| Comment(0) | C++Builderの使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]